投資家の皆さまへ

コーポレート・ガバナンス

当社グループでは、コーポレート・ガバナンスを「代表取締役、取締役、及び執行役員の業務執行を監督・監査することにより、当社グループ企業理念の実現を通じて、持続的に成長し、長期的な企業価値の向上、及び株主の共同の利益の長期的増大を担保する仕組み」と定義しています。
持株会社である当社は、グループ全般の戦略方針企画機能及び経営管理機能を担っており、技術系人材サービスに精通した社内取締役を中心とした経営が必要であると考え、監査役会設置会社の形態を採用し、事業系取締役と管理系取締役との相互牽制を重視しています。その一方で、独立社外取締役・独立社外監査役の参画を得た指名報酬諮問員会を設置し、経営の監督・監視機能を明確化し、経営の透明性と説明責任の向上を担保しています。また、日常的な業務執行の権限・責任を執行役員に与えることで、機動的かつ効率的な業務運営を実現しています。

コーポレート・ガバナンス/内部統制の体制

11

コーポレート・ガバナンス コンテンツ一覧

コーポレートガバナンス・ガイドライン

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方を掲載しています。

内部統制

内部統制システムに関する基本的な方針を掲載しています。

トップに戻る