市場の環境

拡大傾向の市場規模

矢野経済研究所「人材ビジネスの現状と展望 2016年版」によると、オフィス事務関連の人材派遣やネット転職サービスなども含めた2016年の人材関連ビジネス全体の市場規模は推定で約7兆7207億円とされています。このうち、テクノプロ・グループが中心として事業を行っている技術者派遣ビジネスの市場規模はおよそ6865億円にのぼり、人材関連ビジネス全体の約8.9%を占めるものと推定されています。
競争環境の激化、グローバル市場への進出や環境テクノロジーに対する要請の高まりなどにより企業の研究活動への投資が年々伸長していることを背景に、テクノプロ・グループの技術者に対するお客様からの要請も日々、増加を続けています。

技術者派遣ビジネス市場規模の推移
industry_trend_img

出所:矢野経済研究所「人材ビジネスの現状と展望2016年版」

マーケットシェア

私たちのビジネス領域である技術系人材サービスにおいては教育研修などを通じた従業員の技術スキル向上やコンプライアンスの浸透・徹底が不可欠であり、またそれらがお客様との取引関係を維持・拡大する上で重要な要素として考えられています。そのため、近年では教育研修やコンプライアンスの強化に向けた教育研修や人員確保などに対して適切な投資を行うことのできる業界の大手企業を中心に寡占化が進みつつあります。矢野経済研究所の調査に基づく2015年度の事業者シェアによると、当社を含む上位2社だけで約29%と3割近いシェアを有しており、さらに約40%を上位4社、半数以上を上位10社で分け合う状況となっています。
テクノプロ・グループは教育研修体制やコンプライアンス強化のための取り組みによりお客様から高い評価をいただいており、現在は業界最大手として事業を運営しています。

マーケットシェア
industry_trend_img01

矢野経済研究所「人材ビジネスの現状と展望2016年版」および各社決算情報より作成